TRY AND ERRΦR

気になったこと、勉強したこと、その他雑記など色々メモしていきます。。

【Ruby】ChatworkAPI for Ruby

前回、ChatworkAPIクラスのPHP版を公開しましたが、今回Ruby版も作りました。

class Chatwork

	# イニシャライズ
	# apiToken: 自身のAPIトークン
	def initialize(apiToken)
		tokenHeaderKey = "X-ChatWorkToken: "
		@apiToken = apiToken										# APIトークン
		@reqHeader = "X-ChatWorkToken: #{@apiToken}"				# リクエストヘッダ
		@room = getRooms();        									# ルームID
	end


	# ルーム一覧取得
	def getRooms()
		ret = {}
		uri = URI.parse("https://api.chatwork.com/v1/rooms");
		
		# httpクラス
		http = Net::HTTP.new(uri.host, uri.port)
		http.use_ssl = true
		http.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE
		
		# httpリクエスト情報オブジェクト
		request = Net::HTTP::Get.new(uri.request_uri)
		request.add_field("X-ChatWorkToken", @apiToken)
		
		# httpレスポンス
		response = http.request(request)

		# ルーム名:ルームIDのハッシュにする
		JSON.parse(response.body).each{|data|
			ret[data["name"]] = data["room_id"]
		}
		return ret

	end
	private:getRooms


	# ルーム名からルームIDを取得する
	# roomName: ルーム名
	def getRoomID(roomName)
		return @room[roomName]
	end


	# メッセージを送る
	# roomid: ルームID
	# msg: メッセージ
	def sendMessage(roomid, msg)
		uri = URI.parse("https://api.chatwork.com/v1/rooms/#{roomid}/messages");

		# httpクラス
		http = Net::HTTP.new(uri.host, uri.port)
		http.use_ssl = true
		http.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE

		# httpリクエスト情報オブジェクト
		request = Net::HTTP::Post.new(uri.request_uri)
		request.set_form_data({'body'=>msg})
		request.add_field("X-ChatWorkToken", @apiToken)
		
		# ChatworkAPIにpostする
		http.request(request)
	end

end


使い方も前回同様にAPIトークンを渡してnewし、getRoomIDにメッセージを送信したいルーム名を渡してルームIDを取得、
sendMessageでメッセージを送るといった流れです。

GitHubリポジトリこちら


最低限の機能しか実装してませんのでカスタマイズしてみてくださいm(_ _)m