読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRY AND ERRΦR

気になったこと、勉強したこと、その他雑記など色々メモしていきます。。

【node.js】node inspectorでnode.jsをデバッグしてみた

今までconsoleデバッグで頑張ってきましたが、
業務でnodeを使うことが増え思い切ってデバックしてみることに...


環境設定もろもろ、エディタを乗り換えるみたいな面倒くささがあると勝手に
思っていたんですが、思いの外簡単ですんなり行けたのでメモ。。

使うのはnode-inspectorというモジュールで、Chromeを介してデバックを行います。

node inspectorのインストール
$ npm install -g node-inspector
debugのやり方

debugというオプションをつけてデバッグ対象のnodeアプリを起動します。

$ node --debug test.js


アプリを起動すると、debug portが表示される。

debugger listening on port 5859 


別窓でnode-inspectorを起動する。(この例だとweb port=8081、debug portが先ほどの5859)

$ node-inspector --web-port 8081 --debug-port 5859


以下のようなメッセージが表示される。

Visit http://127.0.0.1:8889/?ws=127.0.0.1:8889&port=5859 to start debugging. 

ここで、chromehttp://127.0.0.1:8889/debug?port=5859にアクセスすると、
debug consoleが起動します。





このへんのコマンドはbashのaliasやfunctionに書いてショートカットすると捗るかも。
.bashrc

alias nodeinspector='node-inspector --web-port 8889 --debug-port 5859'   
function nodedebug(){ command node --debug-brk=5859 $1; } 

ちな、今回はphantom.jsのゴーストブラウザを使ったヘッドレス環境において
selenium-node.jsでのWEBサイトテスト行うといった業務内容だったんですが、
node inspectorは問題なく動いてましたね。