TRY AND ERRΦR

気になったこと、勉強したこと、その他雑記など色々メモしていきます。。

最近話題の広告ブロックについて

面白い記事を見かけたので勝手に持論を展開!!
広告ブロッカーの検知と計測について - クックパッド開発者ブログ


WEB上のあらゆる所で目にする広告ですが、
これをブロックする機能を有したツールが出回っていますね。

WEB広告を生業とする企業にとって有害なものであることに
間違いありませんが、現在の日本の法律ではどうなるのか
気になって少し調べてみました。

広告ブロックは法的にまずい?

現在、日本には広告ブロックを直接的に禁止する法律はなさそうですね。
言うとすれば、著作権関連で同一性保持権(著作物の無断改変)があり、
これに該当するしないで争うことになるのではないかと勝手に想像。。

同一性保持権(どういつせいほじけん)は、著作者人格権の一種であり、著作物及びその題号につき著作者(著作権者ではないことに注意)の意に反して変更、切除その他の改変を禁止することができる権利のことをいう(日本の著作権法20条1項前段。以下、特に断らない限り、引用法令は日本のもの)。
同一性保持権 - Wikipedia

ただ、過去に判例がなさそうなのでなんとも言えませんが、
少なくとも刑事罰が課せられるということは考えにくいのでは??

民事責任を問われるか?

刑事罰の対象にならずとも、民事責任を問われるケースもありますね。
(犯罪じゃないけど違法です!的な...)
広告ビジネスを展開する企業にとって広告ブロックは死活問題と成り得るため、
サイトやサービスの利用規約に広告ブロックを禁止しているものも少なくありません。

また損害額を立証しやすいと思うので、
広告ブロックが使用されたことと売り上げ低下の因果関係が認められれば、
利用規約違反ということで民事上の損害賠償とかで刺されるケースも有り得るのではないでしょうか。


まあ何にせよコンテンツを見る見ないはユーザーの自由ですし、
フリーの動画やWEBサイトでは対価を支払っていないわけだから、「ウザイから広告をブロックします!」というのは倫理に反している気もしますね。。